新着情報

  • 2015年4月20日
    グリーン発電会津では、平成26年度経済産業省「大規模HEMS情報基盤整備事業」において、昨年度500
    続きを読む

  • 2015年01月29日
    平成26年度新エネ大賞経済産業大臣賞を受賞しました
    daijin_em_


  • アクセス数 37780 / 本日 5 


    現在、日本の林業においては、高度成長が始まった1960年代に植樹した木質資源の伐採時期を迎えています。しかしながら木質資源の利用低迷により(木造家屋の減少、デジタル家電によるペーパーレス化が利用低迷を促進しています)、伐採をしても採算が合わないために、伐採を可能な限り延長している実情があります。伐採が延長されると、森林密度の増加による質の低下、新たな植林が進まない、成長した木は二酸化炭素を吸収しない等の、地域資源循環に支障があります。わたしたちは、木質資源の新たな需要先として熱(サーマル)利用に着目し、経済価値の高い電力へ変換する発電事業を、ここ会津地域で推進することにより、林業の活性、地域雇用を促進し資源循環型社会の実現に貢献できると確信し、グリーン発電会津を設立致しました。